シューズクローク

6月
18

玄関横に当たり前のように設けられるようになってきているシューズクローク。このシューズクロークは傘や靴を収納するだけのスペースではなく、屋外で使用する物までしっかりと収納できる収納力を確保しておきましょう。そうすることで玄関に靴や物が散らかりにくく、美しい玄関を保ちやすくなるのです。

我が家のシューズクロークはL字型に可動オープン棚を設けています。家族の靴を大容量に収納することができており、どこにどの靴があるのかが一目でわかります。オープン棚なので靴の出し入れもしやすいですし、棚の高さを調整できるため長靴やブーツなど高さのある靴もストレスなく収納できています。棚には靴だけでなく、屋外で使用する子ども達のおもちゃ、工具、洗車用具などきちんと整理することができています。また、アウトドア用品などまで収納できています。

土間収納スペースも確保しているので、ベビーカーや三輪車。ゴルフバックに部活用品など大きさのある物までスッポリと収められています。屋外で使用して土などがついて汚れていてもそのままサッと収納できる土間収納があることで非常に便利で、物を片付けやすいです。シューズクロークの収納力を高めたことで玄関には靴箱など余計なものを設ける必要がなくなりました。シューズクローク内は湿気やにおいが気になります。きちんと窓を設けて風通しをよくしたり、天井にはナノイー発生器を設けて気になるニオイ対策を行い、衛生面をしっかり確保できる玄関にしました。玄関は住宅のかおとも言われるだけに美しさをしっかりと維持できるようにしておきたいものです。

シューズクローク はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.