建売住宅

1月
11

家造りを進めるにはまず家を建てる土地が必要です。しかし、この土地が見つからず家造りが一向に前に進められないという家庭も多いのです。近年、経済不況ということもあり土地を手放そうする人も少なく、土地探しは非常に難しくなっているのです。そこで建売住宅に注目する人も多いです。

建売住宅が多い分譲団地では、その分譲地全体が一つの街のようになっているケースが多く、学校や病院、銀行にスーパーなど生活する上で必要なものが揃っており環境がしっかりと整っているものもあるだけに暮らしやすさを実感できるのです。このように建売住宅では、土地を探す手間が省けるという点が魅力の一つでもあるのです。

そして実際の間取りがそのまま確認できるという魅力もあります。住宅展示場はモデルハウスなので、実際に建てる家とは設備品も広さも違います。それだけに暮らしをイメージしにくいのですが、建売住宅は建物が完成しているので実際の間取りがそのまま確認でき、設備やデザインなども把握できます。それだけでなく日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるので大きな判断材料になるのです。

そして、安価な価格でマイホームを手に入れることができるのです。規格化された住宅が多いため建築コストを安く抑えることができますし、開発地などが多いため土地代金の安いことが多いのです。注文住宅だと、土地の仲介手数料など余計な費用がかかるので2~3割のコストアップになります。建売住宅も魅力が多いだけにマイホーム購入の際には建売住宅と注文住宅をしっかりと比較し、自分達に合った方を選択しましょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.