Archive for 6月, 2015

収納スペースと収納の仕方の工夫

6月
12

住まいを新築する時、多くの場合、核家族が住むという目的で建てます。しかし、親世帯と子世帯が同居して、互いに助け合っていくことを目的に、二世帯住宅を建てることもあります。また、住まいを新築する機会に、ほかで生活する父親か、母親のどちらかを呼び寄せて、生活する場合もあります。二世帯住宅ほどではないにしても、限られた広さの中で、家族全員がゆったりとくつろぐことができるようにしなければなりません。

私の姉が住まいを新築するのを機会に、ご主人を亡くして以来、ずっと一人暮らしをしていた義母を呼び寄せたいと思いました。今はまだ元気ですが、高齢ですので、義兄も姉もずっと心配していて、説得していました。そんなに広い土地を確保することができなかったので、玄関にはシューズインクロゼットと納戸、子ども部屋にはロフト、小屋裏収納など集中収納を考えました。また、それぞれの部屋にも効率的な収納を考えることで、限られたスペースですが、ゆったり暮らしたいと思いました。

義母の部屋にしてもそうです。
高齢ということもあり、1階の東南の角に、義母のプライベートルームを配置しました。トイレとプライベートルームの間に、義母専用のウォークインクロゼットを作りました。ずっと和室で暮らしてきたので、やはり、このプライベートルームも和室にしました。
和室ということで、畳の上に、布団を敷いて、寝るスタイルになります。布団を片づけると、部屋を広く使うことができるというメリットがありますが、毎日の布団の上げ下ろしも大変ですし、布団などを収納する押し入れが必要になりました。

この部屋の一部に小上がりの和の空間をつくり、その下に引き出しを収納にすればよかったと反省しています。簡単に片づけることも、出すこともできますし、収納によって、部屋が狭くなりません。

コメントは受け付けていません。